構図固まる...4陣営の動き本格化 福島市長選・告示まで1週間

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11月12日告示、同19日投開票で行われる福島市長選は告示まで1週間となった。これまで、いずれも無所属で現職の小林香(58)、前復興庁福島復興局長の木幡浩(57)、元県議の桜田葉子(60)、幼児園長の法井太閤(72)の4氏が立候補を表明し、選挙戦の構図がほぼ固まっている。衆院選の影響もあり鈍かった各陣営の動きも本格化してきた。

 全員が立候補すれば2005(平成17)年11月以来の4氏による市長選となる。市議会などでの現職との対立から当初、木幡氏支持に傾いた自民党福島市総支部は、8月下旬に同党支部長だった桜田氏が立候補を表明したことで木幡、桜田の両氏に支持が分裂し、自主投票を決めた。公明も候補者の推薦は見送る方針だ。連合福島など旧民進系の支持団体や社民党は木幡氏の支持を決定。共産党は具体的な対応を決めていない。

 再選を目指す小林氏は政党に頼らず、後援会や支援団体を中心に支持固めを進めており、1期4年間の実績と市政継続を訴える。木幡氏は岡山県副知事などを務めた行政経験をアピールし、充実した支援組織をフル活用して知名度拡大を図っている。桜田氏は、県議時代からの後援会や支援組織を中心にミニ集会などを重ねており、比較的支持基盤の弱い市西部などでも支持拡大を目指す。後援組織などを持たない法井氏は草の根での支持拡大を目指しており、独自の子育て支援策に市民の理解を求めたい考えだ。

 10月9日現在の有権者数は23万8923人(男性11万5492人、女性12万3431人)。