現・新2氏、一騎打ちが有力 相馬市長選・告示まで「1カ月」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い12月17日告示、同24日投開票で行われる相馬市長選は17日で告示まで1カ月となる。これまでにともに無所属で5選を目指す現職の立谷秀清氏(66)=4期=と、新人で元相馬市議の荒川五郎氏(69)が立候補を表明、4年前の前回と同じ顔触れでの一騎打ちが有力となっている。

 立谷氏は来年4月からの小中学校給食費無料化、子育て支援の公園整備などを公約に掲げ「復興の仕上げを成し遂げたい」と震災復興の実績と経験、市政継続を訴える。

 荒川氏は幼児教育や独身者の結婚をサポートする人材の育成、農家を育てる専門学校の誘致などを政策として主張。「市民参加型の政治を進める」と市政変革を訴える。

 市長選と同日選で、市議補選(欠員1)が行われる。同市の10月22日現在の有権者数は2万9821人(男性1万4681人、女性1万5140人)。