新人・須田氏「6次化産業つくる」 伊達市長選へ事務所開き

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
事務所開きであいさつする須田氏

 任期満了に伴い来年1月21日告示、同28日投開票で行われる伊達市長選に立候補を表明している新人で元県北農林事務所長の須田博行氏(59)の後援会事務所開きは10日、同市で行われた。

 須田氏は農業を中心に据えたまちづくりを政策に掲げ「6次化の産業をつくり、雇用を増やす。新しい風を吹かせて伊達市を変えたい」と述べた。霜山幸八後援会長らがあいさつした。