立谷相馬市長が5期目・初登庁 「4年間で復興の仕上げ全力」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花束を受ける立谷市長(中央)

 任期満了に伴う相馬市長選で5選を果たした立谷秀清市長(66)は19日、市役所に初登庁した。任期は同日から4年。

 職員と支持者に出迎えられた立谷市長は花束を受け、就任式に臨んだ。職員を前に「この4年間で復興の仕上げができるように力を尽くす。30年後、50年後へとつながる市の健全な発展の礎をつくれるように復興事業を進めていこう」と呼び掛けた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ