現職・馬場氏が今期限りで「引退表明」 昭和村長選に出馬せず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い4月17日告示、同22日投票で行われる昭和村長選で、現職の馬場孝允氏(74)=3期=は9日開かれた3月議会で、次期村長選に出馬せず今期限りで退任する考えを表明した。

 馬場氏は議案の提案理由の説明に続き「(からむし織の振興など)『昭和村らしさ』を磨き、村勢伸展への道筋をつけることができた。次の時代を担える方に村政運営に当たっていただきたい」と退任の理由を述べた。

 馬場氏は同村出身。会津農林高卒。村商工会長などを経て2006(平成18)年4月の村長選で初当選した。

 村長選を巡っては、候補者擁立に向けた複数の動きがある。