新人・荒氏が出馬意思固める 福島県議補選、相馬・新地選挙区

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 現職の死去に伴い、8月31日告示、9月9日投票で行われる県議補選相馬市・新地町選挙区(欠員1)で、新人で相馬市議の荒秀一氏(67)が31日までに、立候補の意思を固めた。今月中旬以降に記者会見し、正式表明する見通し。

 荒氏は福島民友新聞社の取材に対し「相馬、新地と県とのパイプ役を務め新しい時代の一助となりたい」と話した。