金山氏が立候補の意思固める 福島県知事選、21日出馬表明へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う10月11日告示、同28日投開票の知事選で、白河市の自営業金山屯(じゅん)氏(78)は20日までに立候補の意思を固めた。21日に県庁で記者会見し、正式に立候補を表明する。今回の知事選には、再選を目指す現職の内堀雅雄氏(54)が立候補を表明しており、金山氏が立候補の意思を固めたことで選挙戦となることがほぼ確実な情勢となった。

 金山氏は東京都出身。青山学院大卒。これまでに白河市長選、泉崎、西郷両村長選、県議選に立候補し、いずれも落選している。

 知事選では、共産党県委員会や県労連などで構成する「みんなで新しい県政をつくる会」が候補者擁立に向けて人選を進めている。