【略歴・政見】福島県知事選「現新4候補」 投開票・10月28日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う第21回知事選が11日告示され、いずれも無所属で、現職の内堀雅雄氏(54)=福島市、新人で自営業の金山屯氏(78)=白河市、新人でIT会社経営の高橋翔氏(30)=葛尾村、新人で共産党県委員長の町田和史氏(42)=共産推薦、福島市=の4人が届け出た。投開票は28日。

 ☆内堀 雅雄(うちぼり・まさお) 54 知事 無現〈1〉

 【略歴】東大経済卒。知事。副知事、県企画調整部長、県生活環境部長、同次長、総務省地方債課理事官。長野県出身。福島市杉妻町5の55
 【政見】〈1〉避難地域の復興・再生〈2〉ふくしまプライドの確立〈3〉復興・創生期間後の組織・制度・財源の確保〈4〉子育て支援策など人口減少対策

 ☆金山  屯(かなやま・じゅん) 78 自営業 無新

 【略歴】青学大経済2部卒。設備工事業自営、自然塾「白河乗馬学校」代表。東京ガス町田サービス店勤務。東京都出身。白河市新白河1の133
 【政見】〈1〉県庁を郡山市に移転〈2〉会津からいわきに至る広域平和都市建設実現〈3〉全基廃炉が決まった広大なエリアを普天間飛行場の代替地として提供

 ☆高橋  翔(たかはし・しょう) 30 会社経営 無新

 【略歴】都立多摩工高電気科卒。アルストロメリア経営。東京都出身。葛尾村葛尾字広谷地137の1
 【政見】〈1〉ベンチャー起業家支援の予算確保と庁内の環境整備〈2〉オンライン学習や多国籍学級導入で子どもの多様性を育む〈3〉浜通り原発観光地計画推進

 ☆町田 和史(まちだ・かずし) 42 政党役員 無新(共産推薦)

 【略歴】福島大行政社会卒。日本共産党県委員長。同書記長、「しんぶん赤旗」福島県記者。埼玉県出身。福島市渡利字七社宮10の6
 【政見】〈1〉国や東京電力に県民の立場でハッキリとものを言い、全国に原発ゼロを発信〈2〉学校給食費無料や教材費への支援を強め子ども医療費無料を継続

 ※上から届け出順(敬称略)。候補者名の右は年齢(投票日現在)、職業、所属政党、現新別、当選回数。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進