水野さち子氏が国民民主党「離党」 参院選立候補へ条件クリア

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 7月予定の参院選に立候補を表明している新人で県議の水野さち子氏(57)=会津若松市選挙区、2期=は10日、国民民主党県連に離党届を提出し、即日受理された。

 国民、立憲民主、社民各党の県連と無所属議員、連合福島でつくる「5者協議会」は、水野氏が国民を離党して無所属となることを擁立の条件としていた。

 水野氏を巡っては、国民と連合福島が推薦を決定し、立憲も県連が推薦を決めて党本部に上申している。水野氏は同日、福島市で記者会見し「オール福島の形ができている。福島の思いを背負って戦いたい」と話した。

 社民県連は水野氏の国民離党を受け、11日にも正式に推薦を決定する。

 国民民主が水野氏推薦

 国民民主党は10日、夏の参院選福島選挙区(改選数1)に無所属で立候補する意向を表明した県議の水野さち子氏(57)の推薦を決めたと発表した。決定は4月10日付。立憲民主、社民両党も支援する方針。