元村議の佐藤氏が立候補へ 平田村長選、選挙戦が濃厚

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い7月16日告示、同21日投票で行われる平田村長選で、新人の元村議会副議長佐藤一一(かずいち)氏(65)は14日、無所属で立候補する意思を明らかにした。

 村長選を巡っては現職沢村和明氏(72)=3期=が立候補を表明しており、選挙戦が濃厚となった。

 佐藤氏は福島民友新聞社の取材に「村の人口が減少しており、変化に対応しなければ消滅してしまう。『モノづくり』から『コトづくり』に移行し、次世代に村を引き継いでいきたい」と述べた。

 佐藤氏は平田村出身。岩瀬農高卒。村地域整備課長などを務めた後、2016(平成28)年の村議選で初当選。村議会副議長を務め、12日付で村議を辞職した。