聖光学院・仁平に「記念盾」 日本学生野球協・優秀選手に選出

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小林会長から記念の盾を受ける仁平(左)

 県高野連は24日、本年度の日本学生野球協会優秀選手に選ばれた聖光学院高の仁平勇汰(3年)を表彰した。

 福島市の福島商高で贈呈式が行われ、小林喜則県高野連会長が記念の盾を手渡した。仁平は「多くの仲間に支えられ、地域の応援があったからこそ賞を頂けた。大学でも日本一を目指して野球に熱中したい」と謝辞を述べた。

 仁平は昨春の東北大会敗退後、主将に就任。夏の福島大会11連覇、甲子園16強にチームを導き、生活面でもほかの生徒の模範となる行動をしてきたことが評価された。高校卒業後は中央学院大に進学する。

 各都道府県で優秀選手1人が選ばれる高校の部では、プロ野球楽天に入団する西巻賢二(仙台育英高3年、会津若松市出身)も選ばれた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず