【スライド動画】地場産品に新たな価値 コシノジュンコさんら開発 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

【動画】写真の上にマウスを乗せると、
動画下に再生ボタンが表示されます

 世界的デザイナーのコシノジュンコさんと新進気鋭のクリエーターらが、本県の伝統工芸や地場産業に新たな価値観を吹き込んだ商品の発表会「FUKUSHIMA PRIDE(フクシマ・プライド)2018 collection」は21日、東京・銀座の複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」で開かれる。

 コシノさんは食と空間をテーマに、本県ならではの熟練、卓越した技術を生かし、多様化する生活様式に融合する商品を開発。ブランドコレクション「FUKUSHIMA PRIDE by JUNKO KOSHINO」として、ストールや石の食器、漆塗りのバッグなどを手掛けた。

 また、地方創生プロジェクト「JAPAN DESIGN WEEK」総合プロデューサーの川又俊明氏とクリエーターら4人が連携し、新しい生活様式や最新テクノロジーを取り入れた家具やだるま、張り子、位牌(いはい)などを開発した。

 商品開発は、本県の伝統工芸品や地場産品を世界的なブランドに育て上げ、産業振興を図る県の事業。発表会では、コシノさんと内堀雅雄知事のトークイベントや記念パーティーなどが行われる。商品は21~25日、展示販売される。