海洋放出で女性候補2人「反対」 福島選挙区立候補者アンケート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

  福島民友新聞社は、参院選(21日投開票)の福島選挙区に立候補した自民党現職で元少子化担当相の森雅子(54)、無所属新人で元県議の水野さち子(57)、政治団体「NHKから国民を守る党」の新人で会社社長の田山雅仁(35)の3候補にアンケートを行い、県民生活に関わる施策について聞いた。質問した14項目の内容を2回に分けて紹介する。

 【海洋放出】森候補と水野候補は「反対」、田山候補は「どちらともいえない」に丸を付けた。
 森候補は「風評被害を懸念する。漁業者をはじめ県民の声を聞くべきだ」とし、水野候補は「さまざまな意見があると承知しているが、県民が安全で安心だと認めるまでは反対」と回答した。田山候補は「専門知識がないが、埋めるか、海に流すか、蒸発させるかなどの中で専門家が出した結果なら問題ない」とした。

 海外に本県魅力PR その前に復興と雇用

 【東京五輪】森候補は「復興五輪と位置付け、海外に本県の魅力を最大限にアピールしていく」、水野候補は「東京五輪を機にインバウンド(訪日外国人旅行者)数が増えてほしい」とした。田山候補は「その前に復興と雇用、育児支援」と答えた。

 75点が最高、他30点以下

 【地方創生】森候補は75点、水野候補は30点、田山候補は20点を付けた。
 森候補は「やる気のある地域、アイデアを出す地域を後押ししていく」と回答、水野候補は「一部評価できる政策もあるが、継続性がない。基礎自治体への一括交付金の増額の方がいい」、田山候補は「全国的な被災者の救済が十分ではない」と記述した。

 3人ともに危機感

 【人口減少】森候補は「待ったなしの深刻な課題。人口減少議員連盟をつくり、160人で提言をしてきた。幅広い政策を強力に進める必要がある」と強調、水野候補は「行政サービスなどを効率的に運営するために地域社会のエリアを明確化し、拠点として維持することが重要ではないか」とした。田山候補は「雇用創出がなされていない。本来投資すべきところを理解していない」と答えた。

 賛成が2人、1人は反対

 【憲法改正】森候補と田山候補は「賛成」、水野候補は「反対」に丸を付けた。森候補は「震災、原発事故時の混乱を経験し、一人でも多くの命を救うためには緊急事態条項が必要と考える」と理由を挙げた。水野候補は「安倍首相だけが突出して進めようとしている状態で、国民の多数は今急いでやらなければならないこととは思っていない」とした。田山候補は「自衛隊を認め、自衛することを明記するべきだ」と答えた。

 「子育てと両立」「給与格差の解消」

 【働く女性】森候補は「子育てと仕事を両立できる社会。意思決定プロセスに女性が参加できる社会。女性の悩み、苦しみが政治に届き、解決される社会」と回答、水野候補は「女性の多くは特別扱いしてほしいとは思っていない。女性の平均給与額が男性より少ないことに代表されるように、格差を解消することが大切だ」と答えた。
 田山候補は「休みが取りやすくなる社会。会社に出社せずリモート作業ができれば、女性のみならず男性にもいい」とした。

 【性的少数者】森候補は「差別のない社会を」、水野候補は「全ての人々が生き生きと安心して暮らせることが大切」と回答。田山候補は「特にない。本人が望めば認めるべきだ」とした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区