新人・浜津さん「審判を真摯に受け止め」 郡山市長選で敗戦の弁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
敗戦の弁を述べる浜津さん

 16日に投開票が行われた郡山市長選。初当選を目指した新人の浜津和子さん(63)の選挙事務所では、集まった支援者が戦いを終えた浜津さんをねぎらった。

 浜津和子さんの選挙事務所では16日夜、投票終了とほぼ同時に選挙結果が伝えられると、吉報を待っていた選対幹部や集まった支持者らが一様に肩を落とした。

 浜津さんは午後8時20分ごろに事務所に到着、「多くの方々の支援をいただきながら一生懸命戦ってきたが、努力不足で、私の不徳の致すところ。市民の審判を真摯(しんし)に受け止めたい」と敗戦の弁を述べ、感謝を伝えた。