初当選の馬場氏、渡部氏に当選証書 郡山市議補選で付与式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小林委員長から当選証書を受ける馬場氏(右から2人目)。右は渡部氏

 郡山市長選と同日程の16日に投開票された同市議補選(欠員2)の当選証書付与式は19日、同市役所で行われ、いずれも初当選した馬場大造氏(57)と渡部龍治氏(49)が当選証書を受けた。

 市選管の小林千恵子委員長は2人に当選証書を手渡し、「市民の信頼と負託に応えられるよう願っている」とあいさつした。

 式終了後、馬場氏は「一日も早く現場で活躍できるよう頑張りたい」、渡部氏は「市民の声を聞き、市政に反映させたい」と抱負を述べた。

 2人の任期は前議員の残任期間の2019(平成31)年9月3日まで。