現職・小林氏「先行」...木幡、桜田氏「猛追」 福島市長選告示

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う福島市長選は12日告示され、いずれも無所属で、再選を目指す現職の小林香氏(58)=1期、新人で幼児園長の法井太閤氏(72)、新人で前復興庁福島復興局長の木幡浩氏(57)、新人で元県議の桜田葉子氏(60)の4人が立候補した。福島民友新聞社は12、13の両日、世論調査を行い、調査結果に本社の取材で得た情報を加味して序盤の情勢を分析した。現職の小林氏が先行し、新人の木幡、桜田両氏が猛追する展開となっている。ただ有権者の3割が態度を決めておらず、情勢は流動的だ。

 調査結果を地区別にみると、小林氏は旧市内を含む市中心部のほか、信夫地区や清水地区などで優位に立つ。木幡氏は蓬莱地区や東部地区、吾妻地区などで優勢な状況だ。桜田氏は地元の北信、飯坂両地区、南部の飯野地区で他候補を上回る支持を得る。信陵地区などでは小林、木幡、桜田各氏が拮抗(きっこう)している。

 支持政党別では、自民党市総支部が自主投票を決める中、自民支持層は小林氏に3割強、桜田氏に3割弱、木幡氏は2割弱と支持が割れた。衆院選で躍進した立憲民主党の支持層からは小林氏が4割弱の支持を得ており、木幡氏も3割強を獲得。民進は木幡氏が3割強を占める。公明支持層については小林氏が5割強を固めた一方、桜田氏は2割弱、木幡氏は1割弱にとどまる。共産、社民の各支持層に加え、全体の4割を占める無党派層の支持も小林氏が他候補を上回っている。

 職業別でみると、小林氏がサラリーマン、商工自営業、専業主婦、無職などの職種で優位に立つ。桜田氏は農林水産業で他候補を上回る。木幡氏は商工自営業、サラリーマンなどの職種で支持を集めている。

 年代別では小林氏が若年層を中心に幅広い世代で支持を集める。木幡、桜田両氏は60代以上の高齢者層で比較的浸透するが、他の世代はやや伸びを欠く。

 法井氏は、地区別や政党別、職業別、年代別ともに伸び悩んでいる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区