新人・高橋氏が立候補正式表明 伊達市長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い来年1月21日告示、同28日投開票で行われる伊達市長選で、無所属で新人の市議高橋一由氏(65)が28日、同市で会見を開き、立候補を正式に表明した。

 高橋氏は除染の推進や、同市堂ノ内地区に計画されている大型商業施設の出店実現などを公約に掲げ「市民の小さな声を市政に反映させる」と決意を述べた。

 同市長選を巡っては、いずれも無所属で、現職の仁志田昇司氏(73)=3期、元県北農林事務所長で新人の須田博行氏(59)が出馬を表明。元県議で新人の遠藤保二氏(69)も出馬の意思を示している。このほかにも出馬に向けた動きがある。

 高橋氏は保原高卒。旧伊達町議を5期、うち議長を1期務めた。同市議は3期目。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ