遠藤喜多方市長「わくわくする喜多方の創造」 初登庁あいさつ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花束を受け、市民に迎えられる遠藤氏

 喜多方市長選で初当選した遠藤忠一氏(70)は13日、市役所に初登庁した。任期は12日から4年。

 遠藤市長は初登庁式で職員や支援者ら約300人に迎えられ「例年にない大雪となり、除排雪の対策に万全を期したい」とあいさつした。子育て支援や雇用創出、産業振興に最優先で取り組む考えを示し「全ての市民が笑顔に満ちあふれる、わくわくする喜多方の創造に、これまでの政治経験を生かしたい」と述べた。