新人・吉沢正巳氏が立候補を正式表明 浪江町長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 馬場有浪江町長(69)の辞職に伴い行われる町長選で、新人で畜産業の吉沢正巳氏(64)は15日、同町で記者会見し、立候補を正式に表明した。

 吉沢氏は町民の生活や生業(なりわい)の再建を最重要課題に挙げた上で、「選挙を通じて、原発の時代を乗り越える希望の社会をつくっていきたい」と述べた。

 吉沢氏は千葉県四街道市出身。東京農大農学部卒。非営利一般社団法人、希望の牧場・ふくしま(南相馬市・浪江町)の代表を務める。

 町長選を巡っては、新人で前町議会議長の吉田数博氏(71)が立候補を表明している。また、ほかにも立候補を目指す動きがある。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進