福島県議補選の出馬、三村氏正式表明 白河市・西白河郡選挙区

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 10月19日告示、同28日投票で行われる県議補選白河市・西白河郡選挙区(欠員1)で、元県職員の三村博隆氏(48)は2日、無所属で立候補することを正式に表明した。

 三村氏は、県議在任中の5月に死去した三村博昭氏の長男。白河市で記者会見し「父の政策を継承しつつ、県職員の経験を生かして多くの県民の声を県政に届けたい」と述べた。

 三村氏は矢吹町出身。専修大法学部卒。2000(平成12)年に県職員となり、県中地方振興局県税部納税課主任主査だったが、6月26日に退職した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進