復興再生と地方創生が争点 現職・内堀知事が知事選に持論示す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 10月11日告示、同28日投票の知事選で、再選出馬を表明している現職の内堀雅雄知事は6日、知事選の争点について、震災、原発事故からの「復興再生」と、人口減対策への対応を含む「地方創生」を持論として示した。

 同日の定例会見で、内堀知事は争点を問う質問に対し、復興再生と地方創生を挙げた上で「この2点が大きく問われると考えている」と語った。

 また、内堀知事は自身の公約を発表する時期については「公約については未定。(発表の)スケジュールはしばらく先になる」と話すにとどめた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ