現職・前後氏、3選へ立候補の意思固める 猪苗代町長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来年6月25日の任期満了に伴う猪苗代町長選で、現職の前後公氏(77)=2期=が3選を目指し立候補する意思を固めたことが5日、分かった。10日の12月町議会一般質問で正式表明する見通し。

 前後氏は福島民友新聞社の取材に、後援会から出馬要請を受けたことを明かし「町民の支持をいただけるのならば、引き続き活力あるまちづくりを目指して努力したい」と語った。

 前後氏は同町出身。日大東北工(現日大東北)高卒。1961(昭和36)年に町採用。公民館長、生涯学習課長などを歴任。2011(平成23)年6月の町長選で初当選した。

 町長選を巡っては、水面下で立候補を模索する動きがある。