「夏の福島大会」7月7日開幕決まる タイブレーク制度導入へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県高野連は19日、郡山市で理事会・顧問会を開き、本年度の大会日程を決めた。硬式の春、夏、秋の支部大会、県大会では「タイブレーク制度」を導入することを確認した。

 硬式の第100回全国高校野球選手権福島大会は7月7日に開幕し、いわき市のいわきグリーンスタジアムをメイン会場とする。軟式の第63回全国高校軟式野球選手権県大会は7月14、16の両日、いわき市の南部スタジアムで開催する。

 また、役員改選を行い、小林喜則会長を再任した。任期は2年。

 タイブレーク制度は、延長12回を終え同点の場合、延長13回無死一、二塁から開始し、試合の決着がつくまで繰り返す。決勝は適用せず13回まで決着がつかない場合は再試合とする。決勝の再試合はタイブレークを適用する。

 【 高校野球日程 】2018年度・福島県内の各種大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわきサンシャインマラソンまで『100日』 カウントダウン開始