いわき海星が4年ぶり「初戦突破」 序盤に流れ、本宮に5-0

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【本宮―いわき海星】3回裏いわき海星2死一、二塁、水野が左中間に2点適時二塁打を放つ。捕手吉田=いわきグリーンスタジアム

 第100回全国高校野球選手権記念福島大会が7日、開幕試合となった同球場の1回戦第1試合は、いわき海星が本宮を5―0で下し、2回戦に進出した。

 500人を超す全校応援と地元いわき市民の後押しを受け、いわき海星ナインが4年ぶりに初戦を突破した。開幕試合を引き当てた主将で4番の水野太智(3年)は「応援に助けられた」と地元の熱い声援に感謝した。

 春の大会後、打撃の調子を崩したまま夏の本番を迎えた水野。第1打席こそあっさりと凡退したが、「当てに行っていた。思い切ってやろう」と弱気な気持ちを吹っ切った第2打席に主砲の意地を見せる。

 相手投手のスライダーを思い切り振り抜いた打球は、走者2人をかえす適時二塁打となり、試合の流れを大きく引き寄せた。

 「長く戦いたい」と話す水野。開幕試合独特の緊張感を振り払った主砲の活躍で、チームにも勢いが付きそうだ。

 【7月7日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第1日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ25校闘志