福島東が『宿敵』福島破る! 先発・鈴木完封、一塁・佐藤攻守

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島東―福島】三回裏2死二、三塁、邪飛を捕球し、笑顔でベンチに戻る佐藤克=ヨーク開成山スタジアム

 先発鈴木の要所を抑える投球で福島東が福島に6―0で完封勝ちした。

 毎年定期戦を組むライバル同士の対決。4回まで互いに譲らぬ試合で、福島東に流れを引き寄せたのは一塁手佐藤克彦(3年)の好守だった。

 3回2死二、三塁のピンチに外野と内野の中間へ飛んだ邪飛を、下がりながら後ろに滑り込んでキャッチ。「落としていたら流れをもっていかれていた」。直後の4回、先頭で迎えた打席で安打を放つと、5回には自らの適時打などで3点のリードを奪った。

 本職は投手。完投勝利した鈴木遼太(同)への感謝を述べながら、「3年生投手は2人だけ。助けられてよかった」と喜んだ。

 【7月11日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第2日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の高校野球福島大会」開幕 令和初の甲子園懸け熱闘始まる