聖光学院先発・高坂、再起のマウンド 甲子園の雪辱を胸に粘投

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―羽黒】先発し6回途中1失点と粘投した聖光学院の高坂

 「試合のペースをつくれて自信になった」。聖光学院の先発高坂右京(3年)は6回途中まで1失点と粘投。再起への気持ちがこもった64球だった。

 春のセンバツ大会2回戦東海大相模(神奈川)戦で先発したが制球が乱れ、6失点と悪夢の初回途中降板。敗戦の責任を感じ、投げることが難しい時期もあった。この試合はセンバツ以来の公式戦先発マウンド。初回に先制点を奪われたがあの時のようには崩れない。「冷静に。冷静に」。落差のあるカーブを武器に後続を打ち取り、最少失点でエースにつないだ。

 四死球0の投球にも自信を深めた高坂。見据えるのは甲子園での雪辱だ。

 【6月9日の福島県代表・試合結果】春季高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわきサンシャインマラソンまで『100日』 カウントダウン開始