聖光学院6年ぶり優勝 2季連続制覇、春季高校野球東北大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第65回春季東北地区高校野球大会最終日は11日、青森市営球場で決勝が行われ、本県第1代表の聖光学院が2―1で宮城第1代表の東北を下し、6年ぶり3度目の優勝を果たした。

 昨秋の東北大会優勝に続く東北の頂点で、同一校による2季連続の東北大会制覇は福島県の高校で初めて。

 聖光学院は、10日に同球場で行われた準決勝で弘前東(青森第2代表)を11―4の八回コールドで下し、決勝に勝ち上がった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院「4連覇」...終盤に大量得点 秋季高校野球福島県大会