聖光学院・須田、延長10回サヨナラ打 4番の一振り『終止符』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―東北】延長10回裏聖光学院1死一、三塁、サヨナラの左前適時打を放つ須田

 4番の一振りが激闘に終止符を打った。サヨナラの一打を放った聖光学院の須田優真(3年)は「外野に運べばいい。やるべきことをやっただけ」とさらりと言ってのけた。

 延長10回。横堀航平(同)の四球と矢吹栄希(同)の中前打でつくった1死一、三塁の好機。この回から継投した相手右腕の情報はなかったが、外野フライでも1点が取れる場面、不安は一切感じなかった。初球のボール球を見極めると、ストライクを取りにきた2球目を捉え"予定通り"に外野に運んだ。

 須田は大会期間中に打撃フォームを修正。ボールを引きつけ体が開かないような打撃を心掛け、ミート率を上げた。「勝ち上がるごとに調子を上げ、大事な時に打ってくれた」。東北大会決勝という大舞台で結果を出したチームの主砲を、斎藤智也監督も手放しでたたえた。

 【6月11日の福島県代表・試合結果】春季高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる