序盤に好走も福島県「9位」...入賞逃す 都道府県対抗男子駅伝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
2区・藤宮に3位でたすきを手渡す1区・半沢(右)=広島市・第1中継所

 第23回全国都道府県対抗男子駅伝は21日、広島市の平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、本県は2時間21分25秒で9位となり、前回大会の28位は上回ったが2大会ぶりの入賞は逃した。

 本県は、1区の半沢黎斗(学法石川高3年)が区間3位と好走。2区藤宮歩(大槻中2年)が4位でふるさと選手の3区遠藤日向(住友電工、学法石川高卒)につなぐと、遠藤は順位を2位に上げ、一時はトップに迫った。

 4区、5区の学石勢が粘りの走りで入賞圏内をキープ。6区林晃輝(湯本一中3年)も踏ん張り、6位でアンカーにつないだ。7区は急性胃腸炎の相沢晃(東洋大2年、学法石川高卒)に代わり、急きょ出場の主将住吉秀昭(国士舘大3年、田村高卒)。終盤の競り合いで順位を落とし、入賞には届かなかった。

 優勝は2時間19分10秒の埼玉で、3年ぶり2度目。2連覇を狙った長野は46秒差で2位だった。

 1区・3位...半沢が勢い

 中継所まで残り600メートル。勝負どころと考えていた最後の直線でトップとの差は広がり、目指していた1位でのたすき渡しは実現できなかった。レース後、「すごく悔しい」と話した1区半沢黎斗(学法石川高3年)だが、区間3位の好走はチームを大きく勢い付けた。

 中学3年生以来となる2度目の出場。昨年は大会直前のけがで出場できなかっただけに「スタートは緊張した」と話す。ただ、今季は高校総体1500メートル優勝の実績をひっさげ、「3年前の緊張とは違ったいい意味の緊張。わくわく感もあった」という。

 レース中はトップ集団の好位置をキープ。最後は離されたものの、トップとはわずか5秒差と高校最後のレースでその実力を見せた。

 卒業後は早大に進学。「目標はもちろん箱根駅伝出場。この経験を力に地元の人たちにも喜んでもらえる選手になりたい」と意気込む。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

学法石川男女陸上部「結果出すだけ」 全国高校駅伝へ意気込み