第25回みんゆう県民大賞決まる

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
5月20日、こむこむで表彰式
芸術文化賞
俳優 西田 敏行さん(郡山出身)
スポーツ賞
前福島陸上競技協会長 片平 俊夫さん(福島)
ふるさと賞
登山家 田部井淳子さん(三春出身)
西田 敏行さん
映画や舞台、テレビなど幅広く活躍、本県の子どもたちの支援にも汗を流す西田さん
片平 俊夫さん
本県初開催の日本陸上選手権を成功に導くなど本県陸上界の発展に尽力した片平さん
田部井淳子さん
震災後、本県の復興支援に積極的に取り組んでいる田部井さん
 県民の栄誉となる功績のあった個人・団体を顕彰する福島民友新聞社の創刊120周年記念「第25回みんゆう県民大賞」の受賞者が決まった。芸術文化賞は、日本を代表する俳優として第一線で活躍する西田敏行さん(67)=郡山市出身、スポーツ賞は、昨年6月に本県初開催の日本陸上選手権を成功に導いた前福島陸上競技協会長片平俊夫さん(70)=福島市、ふるさと賞は、女性で世界初のエベレスト登頂、7大陸最高峰登頂に成功した登山家田部井淳子さん(75)=三春町出身=が受賞した。
 表彰式は、福島民友新聞創刊記念日の5月20日、福島市のこむこむわいわいホールで一般公開で行う。受賞者には、正賞の盾と副賞として50万円がそれぞれ贈られる。
 芸術文化賞の西田さんは郡山市の中学校を卒業後に上京。明大中退後、1970(昭和45)年、劇団青年座に入団した。これまで、代表作「釣りバカ日誌」「植村直己物語」「学校」をはじめ、映画、舞台、テレビなどで幅広く活躍。広野町に開校した中高一貫校「ふたば未来学園高」を支援する「ふたばの教育復興応援団」の一員として、本県の子どもたちを励ます取り組みにも尽力している。
 スポーツ賞の片平さんは伊達市出身。保原高、順大卒。95年の「ふくしま国体」で県競技力向上対策室強化対策班長を務め、相馬女高(現相馬東高)、保原高の校長などを歴任した。2007年に福島陸協会長、東北陸協副会長に就任。競技力向上などの功績が認められ昨秋、瑞宝小綬章を受章した。県スポーツ推進審議会長として子どもたちの体力向上や健康教育の推進に努めている。
 ふるさと賞の田部井さんは田村高、昭和女子大卒。「女子だけで海外遠征を」を合言葉に69年に女子登攀(とうはん)クラブを設立。これまで70カ国以上の最高峰・最高地点に登頂した。東日本大震災、東京電力福島第1原発事故後は、被災した東北の高校生を対象としたイベント「登ろう!日本一の富士山へ」や本県被災者を招いたハイキングを行うなど、本県の復興支援に積極的に取り組んでいる。
(4月13日付福島民友新聞掲載)