2町村長に「当選証書」 楢葉・松本幸英氏、川内・遠藤雄氏

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
猪狩委員長から当選証書を受ける松本氏(右)=楢葉町

 任期満了に伴う楢葉町長選で再選を果たした松本幸英氏(55)、川内村長選で無投票4選を決めた遠藤雄幸氏(61)への当選証書付与式は18日、楢葉、川内両町村役場でそれぞれ行われた。松本氏と遠藤氏は、古里の復興と再生に引き続き全力を尽くすことを誓った。任期は松本氏が30日から4年、遠藤氏は25日から4年。

 松本氏、帰還へ環境づくり

 【楢葉】猪狩敬一町選管委員長が松本氏に当選証書を手渡し「住民帰還に向けた課題の解決を進め、真の復興、発展に尽力してほしい」とあいさつした。

 松本氏は式後、報道陣に「町は大きな課題を背負っており、一つ一つ対処しなければならない。重責を担うと改めて実感した」と心境を語った。帰町目標とする来春を目指し「多くの町民が町へ戻れる環境をつくりたい」と述べた。

 遠藤氏、気持ち新たに復興

 【川内】佐藤広松村選管委員長が遠藤氏に当選証書を手渡し「3期12年の経験を生かし、村民の福祉向上、幸せのために尽力してほしい」とあいさつした。

 遠藤氏は「一日だけの遊説だったが、早く村に帰りたいと訴える村民の声を聞き、原点に返ることができた」と振り返った。「おごらず、さらに努力を重ね、新たな気持ちで復興や帰還に向けて取り組む」と抱負を述べた。