元職・湯田芳博氏が立候補表明 南会津町長選、3人の選挙戦か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来年4月29日の任期満了に伴う南会津町長選に、元職の湯田芳博氏(67)が18日、無所属で立候補することを表明した。

 同町長選を巡っては、いずれも無所属で現職の大宅宗吉氏(68)=2期、新人の前同町総務課長の湯田文則氏(61)が既に立候補を表明しており、3人による選挙戦となる公算が大きい。

 湯田芳氏は同町で地元の政治団体から出馬要請を受け「謹んでお受けする。『若者たちに楽しみを、働く世代に満足を、お年寄りに喜びを』をスローガンに掲げ、町民と一緒に歩んでいきたい」と決意を示した。

 湯田芳氏は南会津町出身。10年と14年の町長選に立候補し、いずれも敗れた。