現職・内堀氏出馬で復興相「福島のため働いて」 福島県知事選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 吉野正芳復興相(衆院福島5区)は22日の閣議後会見で、10月の知事選に現職の内堀雅雄氏(54)が再選出馬を表明したことに関し「政府として地方自治体の選挙にコメントする立場にはない」とした上で、個人の意見として「内堀氏は東日本大震災の発生以来、ずっと福島県を見て、7年間の復興をやり遂げた人でもある。まだ課題は十分に残っており、2期目も当選して福島県のために働いていただきたい」と述べた。

 一方、2019年度予算編成に向け「心のケア、心の復興を重点化したい。(東京電力福島第1原発事故で避難指示が出た12市町村のように)一番ダメージを受けた人が支援策を受けられないということがあってはならない」と語り、被災者の心のケアや避難地域の復興へ重点的に予算確保を目指す考えを示した。