いわき海星『全員野球』あと1点...届かず 主将「仲間に感謝」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―いわき海星】9回表いわき海星2死二、三塁、遊飛に倒れうずくまる水野(中央)を抱えるいわき海星ナイン

 打球が遊撃手のグラブに収まると、最後の打者となったいわき海星の主将水野太智(3年)はグラウンドに崩れ落ちた。9回2死二、三塁の一打出れば逆転の場面で、快進撃を続けてきたいわき海星の夏が終わった。「弘雅を必ずかえす。チームのために逆転する」。草野弘雅(同)の三塁線を破る痛烈な適時二塁打を見届け、闘志をみなぎらせて入った打席だった。しかし相手投手の変化球に体が泳ぎ、飛球を打ち上げた。

 昨秋、今春と県大会にさえ進めなかったチームをまとめ、初の夏4強を達成。そして全員野球で王者聖光学院をあと一歩まで追い詰めた。「ここまで勝てるとは思っていなかった。支えてくれた仲間に感謝したい」と水野。最後は笑顔で球場を後にした。

 エース・岩崎...堂々の投球

 今大会5試合を完投し、チームの快進撃を支えてきたいわき海星の岩崎智弥(3年)は準決勝の舞台でも聖光学院打線を相手に、堂々の投球をみせた。

 初回、ペースをつかめないうちに走者を許し、聖光学院の五味卓馬(同)の適時二塁打で先制を許す。だが、ここからが岩崎の真骨頂だった。「2回からは緊張がとけた」と持ち味の変化球と直球を低めに集めて打たせて取る投球がさえ、強打を誇る聖光学院打線を3回以降は5安打、1失点に抑えた。

 「勝ちたかったが、目標の一戦必勝ができた」と岩崎。甲子園出場という新たな挑戦は後輩に託された。

 【7月21日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第10日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場