センバツ21世紀枠に推薦、磐城高へ表彰状 県高校野球連盟

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
表彰状を受ける遠藤主将

 県高校野球連盟は19日、第91回選抜高校野球大会(来年3月23日から12日間・甲子園球場)の21世紀枠候補校として推薦した磐城高野球部に、日本高野連などの表彰状を贈った。

 県高野連の事務局がある福島商高で伝達式を行い、小林喜則県高野連会長が遠藤民生主将(2年)に表彰状を手渡した。

 大場敬介部長が同席した。遠藤主将は「2年連続で選んでいただき光栄。自分たちの目標は日本一。秋田県の金足農に続いて今度は自分たちが公立校でも戦えることを証明したい」と話した。

 東北地区の高野連が12月14日までに磐城を含めた候補校の中から東北地区で1校を決める。その後、来年1月25日の選考委員会で全国9地区の9校の中から21世紀枠として3校を決定する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球福島県大会」開幕 開会式、代表28校が堂々行進