東海大が逆転で初の総合優勝 箱根駅伝、青学大は5連覇ならず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 神奈川県箱根町から東京・大手町までの5区間、109.6キロで3日行われた第95回東京箱根間往復大学駅伝最終日。往路2位の東海大が逆転で初の総合優勝を果たした。10時間52分9秒の大会新記録で、史上17校目の優勝校となった。

 5連覇を狙った青学大が往路6位から追い上げ、3分41秒差の2位に入った。往路優勝の東洋大は3位に終わった。復路は3区間で区間賞を獲得した青学大が5時間23分49秒の復路新記録で、5年連続で制した。駒大が4位に入り、帝京大が5位だった。

 東海大は東洋大から1分14秒遅れで復路をスタート。7区の阪口竜平が首位に肉薄すると8区の小松陽平が22年ぶりに区間記録を更新する快走でトップを奪い、リードを保って逃げ切った。小松は最優秀選手に選ばれた。

 県勢は6区に起用された上武大の佐々木守(3年、南相馬市出身)が区間22位、7区を任された東京国際大の芳賀宏太郎(1年、学法石川高卒)が区間6位、9区の日大の阿部涼(3年、学法石川高卒)が区間18位だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球福島県大会」開幕 開会式、代表28校が堂々行進