新聞記者の仕事に挑戦 福島市・福島大付属中が本社で体験

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新聞製作について学んだ生徒たち

 福島大付属中(福島市)の2年生5人は15日、同市の福島民友新聞社で職場体験を行い、紙面製作や取材など新聞社の仕事を体験しながら、新聞作りについて理解を深めた。

 職場体験を行ったのは、栗田笑実花さん、渡辺真歩さん、菅野冴樹さん、大島詩音さん、伊藤英聖さんの5人。担当者から説明を受けて新聞社の仕事を学ぶなどした後、福島市の御倉邸を訪れ、同施設の歴史や魅力などを生徒が自ら取材。取材を基に新聞記事の執筆にも挑戦した。

 参加した伊藤さんは「新聞で何気なく見ていた記事も取材は大変だった。新聞ができるまでにはいろいろと時間がかかっていることも分かった」と話した。