新聞製作分かった! 福島大付属中生が福島民友新聞社で職場見学

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
紙面作りについて説明を受ける生徒たち

 福島大付属中の2年生6人は10日、福島市の福島民友新聞社で職場体験を行い、新聞社の仕事に理解を深めた。

 職業とキャリア教育をテーマにした総合的な学習の一環。生徒たちは新聞紙面の製作を担当する編集局のフロアを見学。1日に何度も紙面を作り直すことや分かりやすい見出しの付け方について担当者から説明を受け、メモを取りながら聞いていた。

 生徒たちは、県危機管理センターで職場体験をしているクラスメートに内容や学んだことなどを取材。記事の執筆にも挑戦した。参加した松田たかみさんは「新聞はたくさんの人が関わって作られていることが分かった。取材では相手の話を掘り下げることで、知りたいことが聞けると学んだ」と感想を話した。