100日で体内セシウム半減 

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
100日で体内セシウム半減

 放射性物質は線香花火の火花のように周りに放射線を出しながらその力を失っていきます。その力が半分になるまでの時間を「半減期」といい、現状の大部分を占めるセシウム137の半減期は約30年です。

 では汚染食品などによりセシウムを体内に取り込んだら、何十年も身体にたまり続けるのでしょうか?

 そうではありません。尿などを介してより早い速度で体外に排出されていきます。体内の放射性物質が半分になるまでの時間を「生物学的半減期」といい、セシウムであれば大人は100日、小学生は30日くらいで半分になります。

 今まで、ホールボディーカウンター検査でセシウムが検出された方でも、何をせずとも約3カ月後には確実に半分になりました。もちろん体内に放射性物質が存在する間には被ばくを受けますが、永遠と体内に蓄積し、被ばくが続くというわけではありません。