全ての飲料水「安全性維持」 

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
全ての飲料水「安全性維持」

 食品は「産地」ではなく、その「種類」によって汚染の程度が異なることを紹介しました。水はどうでしょうか。コメや野菜と同様、水道水は非常に安全性の高い「種類」に属します。

 その理由はセシウムに泥と強固にくっつく性質があるためです。引いてきた水に含まれる泥を沈殿させ、さらに上澄みを消毒して水道水はつくられます。セシウムは泥と結合するため、上澄みである水道水に放射性物質はほぼ含まれません。その半面、沈殿させた土には含まれます。井戸水に関してもセシウムが泥と結合し、井戸を掘るような地中深くまで浸透することができないため、安全性が維持されます。

 普段の飲料水として、ミネラルウオーター、水道水または井戸水を使う方がいらっしゃいますが、どれを選択したとしても内部被ばく量に変化がないことがこれまでの内部被ばく検査から分かっています。