良い生活習慣こそが大事

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 放射線を浴びた後に「がん」になった。当然の人情として放射線を浴びたことが原因なのかを知りたくなります。しかしながら放射線による「がん」の見た目が違うわけでもなく、何らかの検査で原因の白黒をつけることはかないません。

 「がん」の多くはいくつかの原因が重なることによって起こります。さまざまな「がん」になる原因の中で、放射線が他に比べて際立って大きいのであれば、放射線がその「がん」の原因であると「推定」することはできるかもしれませんが、多くの場合は特定できないのです。

 県内の生活で計測されてきた放射線量が非常に低いレベルになっている現在、やはり大事なのは日々の生活習慣です。日常生活の好ましくない生活習慣を改善し、心身ともに良い状態で過ごすこと。ありきたりですが、「がん」の予防や治療にとって最も重要なことです。