いわきFCいざ出陣 14日初戦、全国社会人選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
リラックスした表情で前日練習に取り組むいわきFCの選手=13日午前、福井市・藤岡グラウンド

 サッカーの第53回全国社会人選手権大会(全社)は13日、福井県で開幕した。東北代表のいわきFC(県社会人リーグ1部)は14日に坂井市のテクノポート福井芝生広場で行われる1回戦で、関東代表のエリースFC東京(関東リーグ1部) と対戦する。午前10時キックオフ。

 開会式は坂井市で行われ、出場32チームの監督や選手、関係者ら約100人が出席した。いわきからは田村雄三監督、平松大志コーチが臨んだ。

◆「仕上がっている」

 いわきは13日午前、福井市の藤岡グラウンドで約1時間30分、ダッシュやシュート練習など軽めの調整に汗を流した。

 今大会は所属選手29人のうち選抜された21人で挑む。田村監督は「優勝できるメンバーを選び、調整も含めやるべきことはやった。感動や勇気を与えられるサッカーをしたい」と話した。

 昨年は準々決勝で敗れたが、その悔しさを知るFW菊池将太は「全員しっかり仕上がっている。とにかく最後まで攻める姿勢をみせ、結果にこだわりたい」と雪辱を果たす覚悟だ。

◆いわきFC試合パブリックビューイング、 いわきFCパーク

 いわきFCを運営するいわきスポーツクラブは14~18日、いわき市常磐上湯長谷町のクラブハウス「いわきFCパーク」でいわき戦全試合のパブリックビューイングを行う。

 いわきFCホームページ(https://iwakifc.com)上のインターネット配信サービスでもいわき戦全試合を視聴無料で中継する。14日は午前10時から。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進