W杯「代表メシ」を提供 西芳照さん、いわきFCパークに開店

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
香川選手が好んだというハンバーグを提供する西さん=13日、いわき市・いわきFCパーク

 サッカー日本代表の専属シェフとしてワールドカップ(W杯)ロシア大会に同行した西芳照さん(56)=広野町在住=が、選手に振る舞った料理を提供する「NISHI'sキッチン―スパシーバ」が13日、福島県いわき市のいわきFCパークに開店した。8月31日までの期間限定。西さんが選手の活躍の源となったカレーやハンバーグなど「代表メシ」を調理する。

 15日に開館1周年を迎える同パークの企画の一つ。「県内の人たちに選手が食べた料理を通じてW杯の雰囲気を少しでも感じてもらいたい」という西さんの思いから実現した。

 メニューは、試合後に必ず出すという「ビーフカレー」や香川真司選手お気に入りの「ビーフハンバーグ」(ライス付き)、大会2得点と活躍した乾貴士選手一押しの「明太子クリームパスタ」に加え、「いわきのトマトと野菜のパスタ」「オムライス」の5品。いずれも西さんがロシア人から作り方を教わったというボルシチとサラダが付く。料理には川内産米やいわき産トマトなど、県産食材をふんだんに使っている。

 カウンターとテラス合わせて16席の店内には、ベルギー戦後にもらったという日本代表選手のサインが書かれた、柴崎岳選手と大迫勇也選手のユニホームなどが展示されている。家族3人で来店したいわき市の来店者(63)は「西さんの料理を初めて食べたが、とてもおいしかった。日本代表選手も食べた料理と思うと感動する。期間内にまた来たい」と満足げだった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進