いわきFCいざ出陣! 田村監督「淡々と日本一目指す」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
全社開幕直前の練習で指示する田村監督

 サッカーの第54回全国社会人選手権大会は20日、茨城県ひたちなか、鹿嶋の両市で開幕する。

 東北社会人2部南のいわきFCは同日午後1時30分から、ひたちなか市総合運動公園スポーツ広場でFC徳島(四国)との1回戦に臨む。徳島は今季、四国サッカーリーグで10勝1敗3分のリーグ2位。

 大会は1試合で勝敗を決する方式で行われ、いわきが24日の決勝戦まで勝ち上がると5連戦となる。

 いわきFCの田村雄三監督に意気込みを聞いた。

 ―前回大会からのチームの変化を聞きたい。
 「個人の成長を含め1年間、技術とともに選手の筋力を強化してきた。特に個人戦術では守備の部分に時間を費やした。選手一人一人の個人戦術のベースを上げたかったからだ。少しは上げられたと思っている」

 ―選手の士気は。
 「今季のテーマを『自己実現』と決め、選手それぞれが自分の成長のためにやっており、モチベーションを常に持っている。日本フットボールリーグ(JFL)への飛び級はないが、重圧もない。ただ淡々と日本一を目指していく。(全社を)JFLに上がる可能性のある来年に向けた前哨戦だと考えている」

 ―サポーターや県民にメッセージを。
 「いつも公式戦やイベントでたくさんの人に来てもらっている。前回大会は福井県で開催され、今年は茨城県。多くの人に来てもらい、自分たちのサッカーを見せたい。声援は力になる。応援してもらえればありがたい。優勝を目指す」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進