「いわきFCクリニック」開所 地域のスポーツ診療貢献目指す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
オープンに先駆けて開かれた内覧会=13日、いわきFCリカバリーステーション

 サッカーのいわきFCを運営するいわきスポーツクラブは13日、いわき市のいわきFCパークに整形外科診療所「いわきFCクリニック」と柔整鍼灸(しんきゅう)院「いわきFCリカバリーステーション」を開所した。夜間や休日も診療・施術を展開する予定で、地域のスポーツ診療への貢献を目指す。

 クリニックではタブレット端末で患者の電子カルテを作成し、ステーションとも情報を共有する。端末の撮影機能を活用して、患部の経過観察も行う。ステーションでは各床に低周波や超音波などの器具を設置し、けがの応急処置や継続的な施術も可能。2月には両施設で内科の夜間診療や往診、鍼灸を始める予定。

 いずれも予約制。クリニックの診察時間は日曜日の午前10時~午後0時15分、同1時~同5時、ステーションは日曜日が午前10時~午後0時15分、同1時~同5時、火~土曜日と祝日が正午~午後3時、同4時~同8時。問い合わせは同施設へ。13日は開所に先立ち、セレモニーと内覧が行われた。