福島商4投手『継投』実らず 聖光打線に圧倒、成長と雪辱誓う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院-福島商】7回表聖光学院無死、2点本塁打を浴びエース阿部(左)に駆け寄る福島商ナイン

 福島商は4投手の継投で聖光学院の強力打線に立ち向かったが、その勢いに圧倒された。

 「打線の圧力にのまれた」。6回から救援した阿部大樹(3年)は、厳しいコースを攻めようと意識したが、相手打線は甘い球を強打し、ボール球にはほとんど手を出さない。「次第に制球が甘くなった」と悔しさをにじませた。

 準決勝で好投、連投の先発大内良真(2年)も初回から長打を浴びた。「内角を厳しく攻めれば長打を防げたはず。力をつけたい」。さらなる成長と雪辱を誓った。

 福島商・渡辺烈、最後の夏「11打点」

 今大会チームトップの11打点を記録し、福島商打線の中軸を支えた渡辺烈也(3年)は、大一番でも勝負強さを発揮した。

 「焦っていた」。準々決勝まで毎試合長打を放っていた渡辺も準決勝は快音なく、5打数無安打。「中軸が打たなければダメ。自信を持って臨んだ」という決勝だった。

 3回2死二塁の好機で、甘く入った直球を左に打ち返し、二走関根紀(同)が生還した。

 1年秋から主力として先輩の背中を追ってきた渡辺。今大会を「初球から打つことを意識して結果を出せた」と振り返る。18年ぶりの頂点を目指した最後の夏。積極的な打撃の手本を示し、後輩たちに夢を託す。

 【7月22日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・最終日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる