センバツ組み合わせ抽選方法決まる 選手宣誓は36校主将抽選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第90回選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園)の運営委員会が28日、大阪市内で開かれ、3月16日の組み合わせ抽選会の方法などが決まった。

 例年と同じく、同一地区の出場校同士は準々決勝まで対戦を避ける。同一県から3校が出場する滋賀は準決勝、同一県から2校が出場する神奈川、石川、高知、宮崎は決勝まで対戦しないようにブロックとゾーンを振り分ける。大会中の再抽選は行わない。選手宣誓は出場36校の主将による抽選で決める。

 開会式の司会は、成松海悠さん(熊本一高)と広瀬久実さん(山梨学院高)が務め、冨永春菜さん(茨城・水戸三高)が君が代を斉唱する。閉会式の司会は木村太飛さん(青森・北斗高)が担当する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる