磐城を「21世紀枠」推薦決める 福島県高野連、センバツ候補校

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県高野連は6日、福島市で理事会を開き、来春の第91回選抜高校野球大会の21世紀枠県候補校に磐城を推薦することを決めた。

 磐城は創部1906(明治39)年で部員30人。秋季県大会は2年連続ベスト8進出を果たした。大学進学率も高く、学業と部活動を両立させていることなども評価された。

 東北地区の高野連が12月14日に、磐城を含めた候補校の中から東北推薦校1校を決定。来年1月25日の選考委員会で全国9地区の推薦校9校から21世紀枠として3校が決まる。

 一般推薦枠には秋季県大会優勝校の聖光学院と準優勝校の日大東北を推薦することを承認したほか、日本学生野球協会の優秀選手に聖光学院の矢吹栄希主将(3年)の推薦を決めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

青山学院大・原監督...怒るより『アドバイス』 箱根駅伝4連覇