秋季福島県大会「ベスト8」決まる 堅実に福島商、采配ピタリ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島商―帝京安積】8回表終了後、勝ち越しに湧く福島商ベンチ=いわきグリーンスタジアム

 第69回秋季東北地区高校野球県大会第5日は19日、いわき市のいわきグリーンスタジアムと楢葉町のSOSO.Rならはスタジアムで2回戦5試合が行われ、ベスト8が出そろった。

 福島商は帝京安積に3―1で競り勝った。郡山は延長10回の末、6―5で白河に勝利。磐城は日大東北を5―1で下した。聖光学院と学法石川はコールド勝ちした。

 前期日程は終了し、後期日程は23~25日に行われる。大会第6日の23日はいわきグリーンスタジアムとSOSO.Rならはスタジアムで準々決勝4試合を行う。

 狙い球を好打、5年連続8強

 新監督が求める「確実性」にナインが応え、終盤までもつれた接戦を制した。福島商は5年連続でベスト8に駒を進めた。

 今夏の福島大会後に渡辺真也監督が就任。今大会が初采配となった渡辺監督が掲げる理想は「犠打を決める。確実に1点を取れるチーム」。新チームはこの試合、理想に掲げる堅実なゲーム運びで県大会初戦を勝利した。

 3回、四球で出塁した高橋尚也(1年)を鈴木翔大(2年)が犠打で二塁に進め、武藤球太(同)の適時打で手堅く先制した。

 渡辺監督の読みと采配が光ったのは、1―1の同点で迎えた8回。直球が増えた相手投手の配球に気付き打者に狙い球を指示。先頭の関根紀(同)が応え、二塁打を放つと佐藤優(同)の左前打で勝ち越した。

 準々決勝の相手は聖光学院。県北支部大会を首位で突破した確実な野球で王座奪取を狙う。

 【9月19日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」