背番号10・高坂、エース争いに名乗り 聖光学院『3連覇』貢献

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―光南】8回2失点と好投した聖光学院の高坂

 決勝のマウンドを託された背番号「10」、聖光学院の高坂右京(2年)が、安定感抜群の投球で3連覇に貢献、エース争いに名乗りを上げた。

 序盤から味方打線が大量得点し援護。「後ろに心強い投手陣がいるから全力で投げられた」と、得意のチェンジアップと低めを意識した投球で凡打の山を築いた。最終回のマウンドはエースナンバーの上石智也(同)に譲ったが、8回2失点で試合をつくった。

 メンバー争いの中、春から投球フォームの改良に試行錯誤を重ねてきた。元々上手投げだったが、腕をばねのようにしならせる独特な横手投げにたどり着いた。

 今大会は大会直前から調子の良い高坂と衛藤慎也(同)の2枚がチームを支えた。それでも斎藤智也監督は「投手陣はまだ横一線。東北大会、一冬越してどう成長するか楽しみ」と全国の強豪に勝つため、投手陣にはさらなる進化を期待する。エースの上石も「このチームに絶対的なエースはいない」と、高坂と衛藤らと切磋琢磨(せっさたくま)を続ける。

 2013(平成25)年以来、5度目の「春のセンバツ」を目指す東北大会で、さらなる成長を見せることができるか。エース争いが激しさを増す。

 【9月25日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・最終日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る